2009年10月11日

恐怖!歯周病

歯が痛い…。そう感じたのは今月、ニューヨーク旅行へいく10日くらい前のことだった。
僕は「虫歯のまま飛行機に乗ると想像を絶する激痛が走る」という噂(事実らしい)を知っていたので、正直ちょっとだけ怯えていたけれど、搭乗前に服用したナロンエース(痛み止め)が功を奏したのか、飛行機による歯痛を感じることは終ぞなかった。
しかし、それでも帰国後に歯痛はぶり返し、僕は歯医者へいく決心をした。
 
「虫歯はないけど、歯周病が進行していますね〜。」 歯医者の先生はそう言った。
…歯周病?そんなまさか。僕があの悪名高い歯周病にかかっているというのか。先生の言うことがちょっと信じられなかった。というのも、僕は毎食後の歯磨きを欠かしたことがないし、おそらく普通の人がそうする以上に、丁寧なブラッシングを心がけてきたからだ。にもかかわらず、僕の歯茎は普通の人の2倍近く痛手を負っているらしく、歯痛もそのため(出血)によるという先生の言である。先生曰く、歯を磨いていると思っていても、実際に磨けていない人が圧倒的に多いらしい。
歯周病を治療するには、ともかく丁寧なブラッシング(とくに歯周ポケットと歯間部位)しかないのだと先生はおっしゃった。おお、歯周病って治るんですか!それは良かった、安心しました。先生から徹底した歯磨きレクチャーを受けた後、看護婦さんに歯石というものを削ってもらった。これは歯の磨けてない部分に歯垢が固まって石塊化?したもので、これを除去するだけで歯周病治療に大きな効果があるのだと言う。気のせいかもしれないけれど、歯石除去後は歯がとても軽くなった気がした。
 
それからというもの、僕は先生の指示通りに歯磨きをして、もちろん歯間ブラッシングもするようになった。意外かもしれないけれど、歯と歯の間に隙間があるのは正常なのだ。だから、人間は本来ならすべての歯と歯の間に歯間ブラシが通るようになっている。しかし、歯間ブラシが通らないようになっている部位があったら注意が必要である。歯と歯の間に隙間がないのは、歯肉が腫れてもりあがっているからであり、それはあなたの歯が歯周病の危険に晒されているというサインでもある。
とまあ、そんなわけで、僕は随分と歯磨きに真剣な男になってしまった。今は歯ブラシ1つとっても、歯周ポケット専用と奥歯専用のタイプを使い分けているし、それに加えて歯間ブラシも欠かさない。さらに、歯磨き後にはGUMのデンタルリンスで歯周病原性破片を完全除去している。…完璧だ。これでしばらくは歯医者さんに行かなくて済むだろう。
 
…いや、まだ「親知らず」の抜歯が残っているか。
 
 
posted by もときち at 14:16 | HEALTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 

2010年08月08日

恐怖!親知らず

左右両方の親知らずを抜きました。これで奥歯もしっかりと磨けるようになり、虫歯になることもなくなるでしょう。親知らずは歯ブラシによる清掃が行いにくく、親知らず自身が虫歯になりやすい。さらに(僕みたいに)生え方が悪いと手前の歯との間に食べ物が残りやすく、手前の歯も虫歯になってしまうのです。 いわゆる水平埋伏(横になって顎の中に埋まっている状態)という生え方ですね。

親知らずの抜歯はむちゃくちゃ痛かった。もう2度とあんな痛みを味わいたくないですねえ…。これは抜歯体験した人によってまちまちなのですが、ものすごい痛みを感じる人と、まったく痛みを感じずに完治してしまう人がいるみたいです。
僕は前者で、左下顎の親知らずが水平埋伏だったので、歯肉を切開−縫合する必要がありました。たぶん、その後遺症(腫れ?)が強かったんだと思う。左下顎を抜いてから数日間はもう、何を喋るにしてもフガフガ言ってました。ほんわふあいひ (こんな具合に)
食べ物も流動食しか飲み込めないような状態で、主食はウィダーインゼリー、ヨーグルト等々。さらに辛いのは歯磨きが出来ないということ。イソジンで優しくうがいするのが精一杯で、あとは患部に触れないように歯間ブラシでカスを取り除く程度です。歯磨きをしないと、口内の不快感で寝つきがとっても悪い。

そんなわけで、左下顎の抜歯は想像を絶する痛みだったのですが、一方の右下顎は1日で痛みがおさまってしまいました。もう、しばらくは歯に悩まされることもないでしょう。それから、若い皆さんも親知らずは早めの抜歯をお勧めします。親知らずって、場合によっては抜かなくても“まだ大丈夫”なんて判断もされるんですが、歯が成長して大きくなればなるほど、抜歯後の痛みが増幅すると思いますよ。


親知らず

posted by もときち at 22:25 | HEALTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 

2010年08月18日

食生活改善序説

胸痛に引き続き、健康を考える上での生活習慣、今回は特に食事について解説していきます。
世間一般では発癌性のある食材や抗がん作用のある食材は意外と知られていないようで、僕も調べていてビックリしたのですが、山菜(ワラビやゼンマイ)には発癌性があるらしいのです。僕自身も山菜が好きで、結構ガツガツ食べていたのですが、山菜の一部には膀胱癌などを引き起こす原因があるとされており、これはアク抜きをしても微量に残ってしまうということです。それから(当たり前ですが)カップラーメンなどのインスタント食品もよくありません。ビールなどのアルコール類も食道癌リスクを増加させるので、飲みすぎに注意しましょう。
一方、抗がん作用のある食材というと、やはり野菜や果物ということになります。野菜・果物類は抗がん作用だけでなく、血管を丈夫にしたり、血液を綺麗にする(コレステロールを抑える)栄養素も多く含まれているので、積極的に摂取したほうがよさそうですね。


心臓病予防(血管を強くする)の食材
アーモンド 血管が綺麗になり動脈硬化防止に。心臓病発症の危険因子を抑制する。
 イワシなど青魚に含まれるEPAやDHAはコレステロール値を改善してくれる。
蕎麦 ルチンを含み、毛細血管を強化する食材の代表格。脳出血の予防にも良い。
トマト 抗酸化作用のリコピンが血液がドロドロになるのを防ぎ血管を綺麗な状態に。
納豆 ネバネバ成分「ナットウキナーゼ」という酵素が血栓を溶かし血をサラサラに。
のり 焼き海苔などが多量に含む葉酸は血管の若返りに効果的だとされている。
ガン予防のための食材
キノコ 抗がん作用として有名なアガリクスの入手が難しければエノキやマイタケで。
キャベツ 癌予防食品の代表格。悪玉増殖を阻止する効果があり肺癌リスクも減少。
ごぼう 腸内の善玉菌を増やしたりして良い腸内環境を作り出す。大腸ガン予防に。
ニンジン 強力な抗酸化作用であるカロテノイドを含む。乳ガンや大腸ガン予防。
にんにく 胃がん、食道がんなどの予防に。アメリカも認めた健康食材として定着。
緑茶 胃がんの原因菌と言われるピロリ菌を殺菌する。胃潰瘍や胃ガン予防に。


とまあ、日常的に比較的入手しやすい食材を挙げてみました。フカヒレとかアガリクスとかは、近所のスーパーにはあまり売っていませんし…。あと、キノコ類は総じて癌予防に良さそうですね。
食生活により心臓病や癌発生のリスクを減少させることは出来ますが、同時に適度な運動もしていく必要があります。食べ物だけで病気の予防できるわけではありません。

 
posted by もときち at 10:55 | HEALTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 

2010年11月02日

運動不足改善序説

以前 『食生活改善序説』 という記事でも書きましたが、長期的に健康を維持するためには、食事を変えるだけではいけません。喫煙や飲酒といった体に有害なものを出来るだけ取り入れないこと、あとは適度な運動を継続していくことですね。
米国癌研究財団という組織があって、彼らが提唱する「癌予防15ヵ条」の中には、適度な運動が重要であると記されています。もっと詳しく言うと、「1日1時間の速歩か、それに匹敵する運動。さらに一週間に少なくとも1時間の活発な運動をすること。」 という内容が掲げられています。
適度な運動は自然治癒の働きを活発化します。これは、癌のみならず動脈硬化などの心臓病などにも効果的で、運動をすることで血液の循環をよくし、新陳代謝が活性化され、ストレスの緩和にもつながるということです。もちろん、あくまで「適度な運動」が効果的であり、いたずらに体を苦しめるようなハードトレーニングは、東洋医学の観点からも悪影響とされています。

僕自身も高校卒業以降、まともに運動をした記憶がなくて、このあいだ近所(500m程度)をランニングしただけで、ゼェゼェ息が続かない状態…という運動不足を思い知らされた人間です。
僕の親父(登山家)にしろ、僕の祖母(日本舞踊)にしろ、長期的に運動を続けている人達はきっと長生きするでしょうね。祖母にいたっては、もう90歳になるというのに現役で日本舞踊を弟子たちに教えていて、ストレスも皆無。今まで彼女が重い病気にかかったことはありません。弟子の若い女の子は、祖母を「サイボーグだ。」と表現するくらいです。
そんなわけで、僕も彼らを見習って、最近トレーニング・ジムに通うようになりました。トレッドミルを使って軽いジョギングを計1時間、あとは筋肉増強系のマシンを使って「ハムストリングス」だとか「僧帽筋」だとかを鍛えています。 例によって、このトレーニング・ジムのお姉さんにも、「この人、毎日こんな時間から来るなんてよほど暇なのね、きっと無職なのね。」 と、思われているかもしれませんが。


トレーニング・ジム

posted by もときち at 07:15 | HEALTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 

2010年11月14日

温泉療養のすすめ

最近、随分と「入浴」にこっています。齢をとると風呂が好きになるというのは、本当みたいですねえ。
僕は(マッサージ目当てで)週1のペースで近所のスーパー銭湯に通っていますし、温泉にも比較的多く行くほうです。そういえば長野県は温泉大国。野沢温泉、湯田中、別所温泉、白骨温泉と、全国的にも有名な温泉地が数多く存在しますね。温泉は、湯質によって様々な治癒効果があると言われています。神経痛や消化器疾患を良くしたり、もちろん「肩凝り」にも良いとされています。
下記は僕がよく利用している温泉施設の一覧です。基本的に、長野市内から車で1時間程度、あるいはそれ以内で行けるもののみをピックアップしました。本当は別所温泉や戸倉上山田も好きなんだけど、ちょっと遠いですしね…。ちなみに「湯っ蔵んど」や「湯ったり苑」などのスーパー銭湯を「温泉」と呼ぶのは邪道な気がするので外してあります。


小布施温泉小布施温泉
写真は「穴観音の湯」の露天風呂。内湯もあり鮮やかな白色(じゃっかん緑色)の循環湯です。自宅から近いということもあり、僕が最も頻繁に利用している温泉でもあります。湯に浸かった後、小布施の町で「栗おこわ」を食べるのが最高の贅沢。


山田温泉山田温泉
写真は山田温泉の「大湯」外観。屋内は「ヒノキ」造りになっていて、これぞ温泉という感じ。 お湯が熱くて、僕は長く浸かることができません。紅葉の季節になると山田温泉は観光客でごった返しです。


五色温泉五色温泉
写真は「五色の湯旅館」の野天風呂。山田温泉からさらに奥へ進んだところにあり、天候などの変化によりお湯の色が5色に変化することから、この名前がつかれらました。
僕は1色しか見たことがありませんが…。ちなみに野天はぬるく、内湯はめちゃくちゃ熱いです。


七味温泉七味温泉
写真は「紅葉館」の露天風呂。その名の通り、紅葉の季節になると露天からの眺めが素晴らしいです。名物は「洞窟風呂」ですが、これは男女入替制で、僕はまだ入浴したことがありません。紅葉館周辺にも「山王荘」やら「恵の湯」やら、たくさんの温泉が点在しています。


松代温泉松代温泉
写真は「松代荘」の内湯。自宅からも比較的近い位置にあり、よく出かけます。茶色のお湯は鉄の錆びた臭いがプンプンして、治癒効果が高そうな気がします。浴槽の床がゴツゴツしているから、擦り傷をつくらないように注意。


posted by もときち at 08:50 | HEALTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。