2011年09月04日

今更だがバイオハザード5は…



…傑作だ!
いや、最近PS3でオンラインを始めたのだけれど、BIOHAZARD5のVERSUSモードが滅法面白いのだ。オンラインってPS3をインターネット接続したりで、手間がかかりそうだったから食わず嫌いをしていたのだけれど、これがやってみるとハマる。
BIOHAZARD5が、これほど奥の深いゲームだったとは…。普通にひとりでストーリーモードを進めていても、そこそこ面白かったし、少なくとも某FF13よりはよくできた作品だと評価していた。

 
しかし、それはBIOHAZARD5のほんの一面でしかなかったのだ。本商品が発売されてからおよそ1年後に『オルタナティブエディション』という本編に追加ストーリーを加えた新しいBIOHAZARD5が発売された。
そこにVERSUSというオンライン上での対人戦モードがついている。これは文字通りプレイヤー同士の銃撃戦である。標的はゾンビではなく、意思を持って予測不能な動きをする人間なのだ。そんなわけで、阿呆なゾンビと違って、こちらがハンドガンを撃ってもなかなか当たらない。
僕もVERSUSモードを始めた頃は、対戦相手にボコボコにされていた。本当に上手な人がたくさんいて、まるでこちらの動きを読んでいるかのように、ドンピシャリでロケットランチャーをぶち込んでくるのである。
チーム戦もあり、2対2で戦うのだけど僕は下手くそだからいつもパートナーの足を引っ張っていた。

オンラインだから対戦相手にメッセージを送ることもできる。僕は『あなた弱いですね。よくそんなレベルで挑んできましたねwww』 的なメッセージを何回かもらった。ネット上での煽り合いなら負ける気はしなかったが、実際に対戦では負けているのでぐうの音も出ない。負け犬の遠吠えになってしまう。
さらにひどいのはこのVERSUSモードはPSのボイスチャット機能に対応していることだ。別売りのヘッドセットをPSに繋げれば、オンライン上で会話をしながらゲームができる。だからVERSUSモードで対戦相手をボコボコにしている時、ゲラゲラ笑いながら乱射してくる気狂いもいる。その笑い声の腹立たしいことといったら!他にもひどくマナーの悪い関西人3人組に出くわして(4人同時プレーができるのだ)、もちろんその3人組は手を組んでいて、3対1という構図になり(勝てるわけがない)、ひどい罵倒を受け凌辱された。
 
 
…とまあ、そんなカオスな世界なのである。
 
そんなわけで1ヶ月くらいBIOHAZARD5にハマッて、ずっとVERSUSモードを練習していたので、少しずつだが僕も上手になってきた。10回やれば1回くらいは勝てるレベルである。外国人相手なら勝率は5割といったところか(外国人はあまり上手じゃない)
しかし、それにしてもこんなに奥の深いゲームだったとは。BIOHAZARD5恐るべし。BIOHAZARDシリーズは1から4以外にも、ガンシューティングものや外伝ものなど何本かリリースされているが、奥行きを考えるとこのBIOHAZARD5こそが最高傑作なのかもしれない。

 
posted by もときち at 21:40 | ENTERTAINMENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。