2011年01月05日

新社会人におすすめのビジネス書

僕自身、学生時代は文学作品や哲学書ばかり読んでいて、ビジネス書というのはあまり(というか全く)読んでいませんでした。
ところが、企業に就職して社会と関わるようになり、さらに独立起業して仕事をするようになってからというもの、文学作品の類を全く読まなくなり、最近ではビジネス・経済関連の本ばかり読むようになってしまいました。まあ、ただ単に面白い小説がなくなった…という理由もあります。村上春樹以降、日本の文学界は滅亡の一途をたどっていますし、海外でも面白い作家がめっきり少なくなってしまった。なにしろ、芸能人の書いた小説が純文学(!?)としてベストセラーになる時代なんだから…。
そんなわけで、週3回は書店に足を運ぶ僕も、最近は文芸コーナーはスルーして、まっさきに金融・マネー誌、それからビジネス新刊コーナーへ行くようになりました。

…さてさて、ちょっと前置きが長くなりましたが、今回は僕が実際に読んだことのあるビジネス書で 「これから社会人になる学生さんにお勧め。」 というものを、何冊か紹介していこうと思います。
「企業」という組織の一員になること。ビジネスという新しい人生のスタートに夢見る新社会人は、最低これくらいは押さえておいたほうがいいかも?


金持ち父さん貧乏父さん [単行本] / ロバート キヨサキ, シャロン・レクター(公認会計士) (著); 白根 美保子 (翻訳); 筑摩書房 (刊)金持ち父さん貧乏父さん
お金に関する常識を真っ向から解説している本。なぜ彼は有名大学を出た高学歴でありながら低収入なのか。なぜ彼は高校中退でありながら億万長者になれたのか。
学校教育では教えてくれない…いや、下手をしたら社会に出ても一生気づかないまま終えてしまうかもしれない「お金のリテラシー」について。
もちろん、あなたが「額に汗して真面目に働くこと」こそビジネスの本質だと主張するのなら本書を読む必要はない。


フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略 [ハードカバー] / クリス・アンダーソン (著); 小林弘人, 小林弘人 (監修); 高橋則明 (翻訳); 日本放送出版協会 (刊)フリー
2009年の出版から1年以上が経った現在…。ネットビジネス、WEBの世界でいったい何が起こっているのか。それらを総括して、手っ取り早く知るためには最適な一冊。
たとえば、Googleはサービスのほとんどを0円=無料で提供しているのに、いったいどこからあんな莫大な収益をあげているのか。
インターネットについて書かれた本ではあるが、無料化問題はIT企業にとどまらず、音楽・出版業界にも大きな打撃を与えている。


ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則 [単行本] / ジェームズ・C. コリンズ, ジェリー・I. ポラス (著); James C. Collins, Jerry I. Porras (原著); 山岡 洋一 (翻訳); 日経BP社 (刊)ビジョナリー・カンパニー
いまやビジネス書の古典として地位を確立した本書は、若いビジネスマンを中心に絶大な人気を誇っている。
100年経っても存続し、社会に影響を与え続ける企業には、いくつかの法則がある。本書は、そういった「歴史に名を残す企業」を組織したいと考えている経営者に向けて書かれた作品。 100年企業を設立した起業家たちは、まず始めに「どのような商品を作るか」ということよりも「どのような会社にしようか」を相談することから始めた。会社とは作品である。


キャズム [単行本] / ジェフリー・ムーア (著); 川又 政治 (翻訳); 翔泳社 (刊)キャズム
マーケティング関連の書籍としては読み易く、コトラーはちょっとお堅い… という人にお勧め。
市場では必ずしも「良い製品」が売れるとは限らない。それがまだ我々が体験したことがない、夢のような機能を備えていた新製品だとしても。
大切なのは、その新製品をマーケットの軌道上に、いかにして着地させるかということである。市場には、新製品にいち早く反応して興味を示す先駆層と、新製品が業界標準に固まるまで購買しない保守層とがいるのだ。


イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press) [単行本] / クレイトン・クリステンセン, 玉田 俊平太 (著); 伊豆原 弓 (翻訳); 翔泳社 (刊)イノベーションのジレンマ
ある巨大企業は業界ナンバーワンの技術と収益性を持っていた。
しかし、そこに全く新しい概念を持ち込んだ会社が新規参入することによって、古き巨大企業は滅びていってしまう。
ここ最近のもっとも分かりやすい事例でいうと、インターネットという「破壊的イノベーション」によって、我々はわざわざ新聞を購読する必要がなくなった。CDを店舗で購入せずとも、ネット上でダウンロード出来るようになった。技術革新は「既成概念」にすがっていた企業を滅ぼすのである。


競争の戦略 [単行本] / M.E. ポーター (著); 土岐 坤, 服部 照夫, 中辻 万治 (翻訳); ダイヤモンド社 (刊)競争の戦略
多くの経営者からストラテジーの最高峰との評価を受けている名著。
企業を取り巻く要因、競合他社、差別化、新規参入業者、顧客ニーズや業界の環境などなど、ビジネスの教科書的な語句のオンパレード。
ドラッカーの著書のように、おカタい経営学の書として名高く、途中で挫折する人も多いらしい。大学の経営学部でもよくテキストとして利用されているので、既にご存知の新社会人も多いのでは。挫折者のために「ポーター教授・競争の戦略」の入門書も出版されている。


MBAバリュエーション (日経BP実戦MBA) [単行本] / 森生 明 (著); 日経BP社 (刊)MBAバリュエーション
うちの会社は(あるいは自分の職種は)企業買収とかはあまり関係ないかな…という人にもお勧めの一冊。
ところどころ面倒くさい数式も出てくるけれど、企業価値=会社の値段の算定方式について、これ以上分かりやすく書かれた本は他にない。
会社を売り買いする場、それが株式市場であり、M&Aという活動である。
うちの会社は、いったい「いくら」なんだろう。本書は、そんな素朴な疑問に多角的な視点からこたえてくれる。


 
posted by もときち at 10:56 | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。