2010年11月02日

運動不足改善序説

以前 『食生活改善序説』 という記事でも書きましたが、長期的に健康を維持するためには、食事を変えるだけではいけません。喫煙や飲酒といった体に有害なものを出来るだけ取り入れないこと、あとは適度な運動を継続していくことですね。
米国癌研究財団という組織があって、彼らが提唱する「癌予防15ヵ条」の中には、適度な運動が重要であると記されています。もっと詳しく言うと、「1日1時間の速歩か、それに匹敵する運動。さらに一週間に少なくとも1時間の活発な運動をすること。」 という内容が掲げられています。
適度な運動は自然治癒の働きを活発化します。これは、癌のみならず動脈硬化などの心臓病などにも効果的で、運動をすることで血液の循環をよくし、新陳代謝が活性化され、ストレスの緩和にもつながるということです。もちろん、あくまで「適度な運動」が効果的であり、いたずらに体を苦しめるようなハードトレーニングは、東洋医学の観点からも悪影響とされています。

僕自身も高校卒業以降、まともに運動をした記憶がなくて、このあいだ近所(500m程度)をランニングしただけで、ゼェゼェ息が続かない状態…という運動不足を思い知らされた人間です。
僕の親父(登山家)にしろ、僕の祖母(日本舞踊)にしろ、長期的に運動を続けている人達はきっと長生きするでしょうね。祖母にいたっては、もう90歳になるというのに現役で日本舞踊を弟子たちに教えていて、ストレスも皆無。今まで彼女が重い病気にかかったことはありません。弟子の若い女の子は、祖母を「サイボーグだ。」と表現するくらいです。
そんなわけで、僕も彼らを見習って、最近トレーニング・ジムに通うようになりました。トレッドミルを使って軽いジョギングを計1時間、あとは筋肉増強系のマシンを使って「ハムストリングス」だとか「僧帽筋」だとかを鍛えています。 例によって、このトレーニング・ジムのお姉さんにも、「この人、毎日こんな時間から来るなんてよほど暇なのね、きっと無職なのね。」 と、思われているかもしれませんが。


トレーニング・ジム

posted by もときち at 07:15 | HEALTH | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。