2010年11月01日

24 -TWENTY FOUR-


24 -TWENTY FOUR- ファイナル・シーズン DVDコレクターズBOX / キーファー・サザーランド (出演) 
海外ドラマ「24」のファイナルシーズンがいよいよレンタル開始されましたね。 僕自身もこのドラマはファーストシーズンから全て観ているファンのひとりです。
「24」の魅力は、次から次へと引き起こされる大問題をCTU(テロ対策ユニット)がどのように解決していくか、視聴者がまったく予想できない、手に汗握る怒涛のストーリー展開にありますが、それ以上に、僕はこのドラマの主人公「ジャック・バウアー」の存在が、このドラマの大きな魅力であると思うのです。


ジャック・バウアーほどむちゃくちゃな捜査官は、世界中のどのような刑事ドラマにも存在しません。テロリストを追うからといって、民間人からクルマを強奪し、さらには民間人を人質にして、コンビニ強盗をしたり、中国総領事館に不法侵入したあげく銃撃戦はじめちゃったり…。やってることは間違いなく犯罪なんだけれど、それでも「テロを未然に防ぐために必要だった」とCTU幹部に逆切れする始末。
こんなぶっとんだ捜査官は、即刻お国のために逮捕されて然るべきですが、なにかと理由をつけて現場復帰します。日本語吹替版の声優「小山力也」の声も実に魅力的。今回のファイナルシーズンで、ジャックとお別れかと思うと、やっぱり寂しいですねえ…。(※以下・ネタバレ注意)


24 seasonT】 ★★★★★

まだ「24」を観たことがなくて、食わず嫌い(?)をしている方がいたら、まずはこのファーストシーズンから観ることをお勧めします。第1話(午前0:00)から第5話(午前4:00)くらいまでは、普通のクライム・サスペンス的な要素で展開していきますが、第6話(午前5:00)あたりから、俄然面白くなってきます。ここからジャックが同僚のニーナをやむを得ず射殺する午前7:00までが序盤の山場ですね。「24」の善し悪しを判断するなら、まずはレンタルビデオ屋で第三巻まで借りてみてください。
このシーズンで、僕がどうしても忘れられないのは、最終話で監視カメラに映った本物のスパイ(あの人)の恐い顔です。今までの行動に色々矛盾点はあるし、ネタバレになってしまうので詳細は避けますが、それでも24時間という長丁場のドラマを、まあ巧くまとめたなあ…と、感心せざるをえません。


24 seasonU】 ★★★☆☆

シリーズものの映画には、たいてい第一作目が傑作で、それに続く第二作目は失敗作が多いというジンクスがあります。キアヌ・リーブス主演の「スピード」なんかがそうですね。ジェイムズ・キャメロン監督の「エイリアン2」や「ターミネーター2」は、第一作目よりも第二作目のほうが傑作となった稀有な例ですが。たまにそういうこともあります。
で、「24」のシーズンUなんですが、やっぱり処女作と比べると驚きに欠けてしまいますね。ただ、今回のテロは核爆弾なので、失敗したらアウト!という緊張感はあります。シーズンTで嫌われ役だったある人物が、自らの命を犠牲にしてテロを止めるシーンには感動します。あと、ジャックの娘のキムが、余計な問題を引き起こすトラブルメーカーだと印象付けられたのも、このシーズンUでしたね。


24 seasonV】 ★★★★★

次のシーズンWと並んで、僕が個人的に最も好きなシーズンです。今回はバイオテロ、すなわち細菌兵器を使った犯罪で、これはもう感染したら最後。しかもその感染がアメリカの街中で徐々に広がっていくという、収拾のつけようのなさが最高の緊張感を演出しています。とくに午前4:00から起こるホテル内での鼻血パニックはリアルに恐い。
それから、ジャックは犯人の要求で、仕方なくある同僚を殺さなくてはいけないという過酷な立場に追い込まれてしまいます。まあ、舞台裏ではただ単に「降板だから」という理由なのでしょうけれど、やっぱりこんなことをする(出来る)捜査官はジャック・バウアー以外には存在しませんね。


24 seasonW】 ★★★★★

これもシーズンVと並び、僕の最も好きなシーズンです。大統領暗殺、核爆弾、細菌兵器ときて、そろそろネタが尽きたかな…と思いきや、「24」史上かつてない連続テロにCTUは立ち向かうことになります。ヘラー長官誘拐、原子炉メルトダウン、エアフォースワン爆撃、核のフットボール…。最初から最後まで綿密に(?)計画されていた連鎖するテロ攻撃。
しかも、今回は中国総領事館に不法侵入して銃撃戦をはじめたうえ、総領事(だっけ?)が射殺されてしまうという別問題まで同時に勃発。ジャックは、この国際問題と連鎖テロを同時に片付けなくてはなりません。トニーの颯爽とした登場、パーマー元大統領の復帰、さらにはシーズンTの暗殺者マンディまで登場するといった豪華なキャストにも注目。


24 seasonX】 ★★★★☆

最初の10分ですべてが変わる―!世間的にはこのシーズンXが「24」の最高傑作だと言われています。まあ、確かに悪くはありません。でも、パーマー大統領やトニー、ミシェルといった過去に活躍してきたキャストの雑な扱い方が個人的に気に入りませんね。
本シーズンを最高傑作と言わしめているのは、おそらく首謀者(終盤で明らかになる黒幕)がとんでもない人物だったからでしょう。いかにもアメリカらしいというか…。ちなみに今回のテロは神経ガスです。吸い込んでしまうと全身麻痺。感染がないぶん、シーズンVの細菌兵器より殺傷力に劣ります。ただ、CTUの愛すべきエドガー・スタイルズさんの退場には、ちょっと胸を打たれましたね…。


24 seasonY】 ★★☆☆☆

ジャックの家族が絡んでくるシーズンYですが、過去5作と比べると明らかにマンネリ化の失敗作。
もう、どこにスパイが潜んでいてもビックリしないし、テロ攻撃も相変わらずの核爆弾。こう言っては失礼ですが、本当に見るべきところがないのです、ジャックの暴走ぶり以外に。途中から敵がロシアから中国にチェンジしたり、繋ぎあわせ感を拭いきれません。


24 seasonZ】 ★★☆☆☆

シーズンXで死亡したと思われていたトニーが、今度はテロリストとしてアメリカ政府に復讐する…、という展開からスタート。女性初の大統領テイラーさんは、現実に次期大統領と噂されているヒラリーさんの風貌に似ているような気がしないでもない。今回はCTUも閉鎖され舞台はワシントン。あッと驚くような場所がテロの標的にされてしまいます。しかし、ここでも(ほぼ無理矢理)ブキャナンさんが降板されたりと、過去の登場人物をこうも簡単に消されてしまうとねえ…、視聴者の思い入れが…。
ところで、黒幕が実はアメリカ有数企業を牛耳る闇の権力者たちだった…という荒唐無稽な展開は、べンジャミン・フルフォードさんの著書を想起してしまいます。世界史は本当に闇のフィクサー(なんたら財団やら)が支配しているんですかね。


以上、個人的に各シーズンを振り返ってみました。やっぱりシーズン1のあのドキドキ感とかは、もう再現できないのでしょうね。僕自身は、現在ファイナルシーズンを(途中までですが)観ている最中です。現在のところ、ジャック・バウアーは常軌を逸した犯罪的行動をとっていませんが、これからの展開に期待したいと思います。

 
posted by もときち at 11:52 | ENTERTAINMENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。