2010年08月29日

中国人の世界乗っ取り計画


中国人の世界乗っ取り計画 [単行本] / 河添恵子 (著); 産経新聞出版 (刊)
先日、軽井沢の銀座通りに行ったときは本当に驚いた。耳を澄ましてみると辺りから聞こえてくる会話はすべて中国語。僕の見たところ日本人観光客はほとんどいない。軽井沢は中国人観光客の手によって占拠された!?
軽井沢みたいなマニアック(?)な観光地でさえこうなのだ。京都や富士山、あるいは札幌といった日本の主要観光地は、もはや中国人観光客なしには生き残っていけない状況なのかもしれない。
「小資=シヤオズ」と呼ばれる彼ら中国人観光客は、高学歴である程度の贅沢な生活を楽しめ、そこそこの収入を得ている、いわば中国の中流富裕層であり、その数は3億人以上とも言われている。

中国はまだまだ育ち盛りの国だ。13億人という人口を抱え、その中に存在する数億人規模の小資。そんな彼らのお気に入り旅行先は、なんといっても空気が綺麗な隣国「日本」である。 中国人観光客に人気の観光スポットは温泉であり、ディズニーランドであり、あるいは東京−富士山−京都をめぐるコースは「ゴールデンルート」などと呼ばれており、絶大な支持(?)を受けているらしい。
ところで、日中には洗脳的ともいえる黒歴史が存在するが、彼ら富裕層にはテレビなどで報道されている、いわゆる「反日感情」というものはほとんどないらしい。一握りの超富裕層にいたっては皆無と言って差し支えない。いや、たとえ彼ら富裕層に反日感情があったとしても、日中の歴史的な問題と日本製品やエンターテインメントなどを楽しむ行為とは、ほとんど別次元の問題ととらえているのだ。
それはそれ、これはこれ。プライベートの問題はビジネスに持ち込まない。ビジネスの問題はプライベートに持ち込まない。さすが中国株式会社の“やり手の営業マン”である。


移民立国のカナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどでは「お金の力で永住権を取得。その後に市民権を得て外国人になる」中国人が激増している。これは中国の有史以来、初めての現象といえる。北京のセレブ系中国人の一人は、こう語っている。
「北京は空気が悪いし、環境良好な国で暮らそうと考えるのは当然。それから中国では病気になったら大変。医者もコネとお金が無いとまともに診てくれないし、そもそもベッド数が大幅に不足している。その点、医療も福祉も充実した先進国は魅力的。」
これまで納税すらしたこともない外国、歴史も知らず文化も異なる新天地に、中国人は良質かつ良好な「教育・仕事・医療・環境」を求め、また、財産のリスクヘッジや投資先(稼ぎ場)として永住権を取得したがっている。<中国人の世界乗っ取り計画:河添恵子>


そんなわけで、中国株式会社の社員は圧倒的なスピードでグローバル営業(種蒔き)を進めている。
数十年前までは、その人口のほとんどがお隣の中国大陸に収納されていたにも関わらず、いまや中国人は世界中のありとあらゆる国に出稼ぎをして、あるいはどっしりと根をおろしているのだ。
とくにひどいのはカナダ。バンクーバーは「ホンクーバー」などとも形容され、あるいはリッチモンド市にいたっては人口の約半分かそれ以上が中国系だという。子供が外国で永住権を取得してしまえば、中国から両親を呼びよせるのは容易になる。なんとも抜け目が無い!
 
 
posted by もときち at 17:25 | ECONOMY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。