2010年03月29日

すべての消費活動はステータスである

子供が欲しいと思っても、なぜか産めないでいる女性がいる。妊娠した女性と、今後も産まないであろう女性。同じように子供を欲しいと願っているにも関わらず、両者の差はいったいどこから来るのだろう。
その理由のひとつに挙げられるのが家庭の経済力である。経済成長が永遠に続くと思われていた時代ならば、安心して妊娠することが出来たものだが、一寸先は闇、現在のような不況暗黒時代に子供を産むことは、一か八かの賭け、博打みたいなものなのだ。
勝間和代みたいに自分自身の経済力が安定する…、それが一番の理想ではあるのだけれど、やっぱり女性が将来にわたって安心して子育てをするには、養ってくれる「エリート男子」の確保が最優先事項だ。

そんなわけで、恋愛市場において女性は常にお金持ちの男性を探している。ところが、この「お金持ちの男性」というのが、とっても見分け難いものなのだ。なにしろ男性らに「俺はお金持ちです。」という名札がついているわけでもなく、ましてや「預金残高はいくらですか?」なんて失礼な質問をするわけにもいかない。しかも、最近の男性はみんな見栄っ張りで、みんなお金持ちのフリをするため、誰が本当のお金持ちか、女性の側からするとさっぱり分からない。
トヨタのクラウンに乗っている男性、ロレックスの高級腕時計を身につけている男性、誕生日にブランドもののバッグをプレゼントしてくれる男性。一見すると、彼らはお金に余裕のある男性のように見えるけれど、実は住まいが「おんぼろアパート」で、女性を満足させるがために、借金をしてでも、必死に見栄をはり続けている貧乏サラリーマンであるかもしれない。
ちょっとアンタ!アタシはアンタのことを金持ちだと思って付き合っていたんだからね!それなのに何よこの狭くて汚い部屋は。しかも、実は借金してましたですって? ふざけんのもいい加減にして。アンタみたいな詐欺師にはもうウンザリ、別れましょ!
…とまあ、こんな具合に肉食系女帝の手によって偽りの金持ち男性は淘汰されていく。あなたが彼女に贈ったブランド品も、今ではyahooオークションに出品されているかもしれないから、検索してみるのもいい暇つぶしになるだろう。

ところで、僕は以前から「ブランド」というものに対して懐疑的だった。たとえば、シャネルというブランドもののバッグがある。種類にもよるけれど、購入するとしたら日本円にして最低十万円は固い。かたや、安物の中国製バッグがある。もちろん無名ブランド、日本円にして数千円もあれば購入可能だ。
両者の歴然たる価格差はいったいどこからくるというのだろう。確かに有名ブランドのバッグというのは機能性に富み(僕は持ったことはないけれど)あるいは使いやすいのかもしれない。にもかかわらず、僕には両者に(機能性、素材、工賃などを換算して)ほとんど十万円もの差があるとは到底思えない。
実は、彼女達が買っているのはシャネルのバッグそのものではない。彼女達が買っているのは、シャネルのバッグを持っているセレブなアタシという目に見えないイメージなのだ。

ジャン・ボードリヤールという哲学者はこれを「記号消費」と名づけた。現在の消費社会においては、バッグや自動車といった商品が持っている機能的価値とは別に、それらの商品が持っているブランド=イメージの方が重視されている。バッグとはただ単に小物を入れて運ぶだけの商品に過ぎないが、シャネルのバッグ所有者には常に「高級ブランドを持っているセレブな女性」というイメージが纏わりつく。
さらに、ボードリヤールはこれをブランドものの商品のみならず、冷蔵庫や洗濯機といった家電製品にまで及ぶとした。消費社会においては、モノはモノそれ自体の有用性としてではなく、イメージとして消費される。洗濯機が三種の神器などと呼ばれた時代においては、洗濯機は洗濯という機能だけでなく、それを所有しているというステータス(社会的地位)のゆえに消費されたのだ。

そのおびただしい数、そのさまざまな形態、流行の作用、さらにはその純然たる機能を超えたあらゆる性質によって、モノは今なおひたすら社会的価値(地位)を装おう。地位、それはある種の人々にとっては生まれによってしか与えられない宿命の恩寵であり、大多数の人々にとっては、その逆の定めによって決して辿り着けないものである。
…あらゆる渇望の根底には、生まれながらの地位、恩寵と優越をもたらす地位という理想の目標が存在しており、この目標はモノのまわりにもつきまとっている。装飾品やガジェットなどのフェティッシュに熱中する世間やこの種の妄想を生じさせるものもやはり地位の観念なのだ。<消費社会の神話と構造:ジャン・ボードリヤール:今村仁司訳>


そんなわけで、恋愛市場において我々男性が金持ち役を演じるためには、これからも過剰消費をし続けていかねばならない。もはやそれは高級外車や腕時計だけの話にはとどまらず、「毎晩高級レストランで外食。」「1ヶ月に1回は海外旅行でリゾート気分。」といった、あらゆる消費活動が彼にとってのステータスになっていくのだ。


posted by もときち at 14:26 | THINKING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。