2010年03月18日

ツイッター入門

Though it is a little too late :)
話題の『ツイッター』を始めてみました。

Twitterとは、140文字以内の短い発言(つぶやき)を入力して、みんなで共有するサービスです。何かに気づいた時や思いついた時、友人に自分がいまどこにいるか、何をしているか知らせたい時にさっと書き込むことができます。これだけでは単に独り言をつぶやくだけのサービスですが、Twitterには「フォロー」という他のユーザーを友達のように登録する機能があります。お店のタイムセールや時間限定イベントなどのお得な情報をくれるものなど、自分の友達だけではなく様々な情報がそのアカウントをフォローするだけでどんどん飛び込んできます。<公式サイトより抜粋>


フォロワー(自分の発言をフォローしてくれる人)の数が多ければ、新たな検索ツールにもなりえるサービスみたいだ。たとえばフォロワーがたくさんいる状態で「いま吉祥寺のあたりにいるんだけど、美味しい店しらない?」と書くと何人もの人から返事がもらえるので、生身の人間がリアルタイムで答えてくれる検索エンジン的な活用が出来るのだ。また、ニュース速報(たとえば地震警報)よりもツイッターの情報伝達速度のほうが早いので、海外ではツイッターを利用した速報システムまであるらしい。

とはいえ、これはフォロワーがたくさんいて初めて成立する話。
有名人ならほうっておいても被フォロー数は増えていくけれど、僕達一般人はそうはいかないので、自分の被フォロー数を増やすときは 「#followme」 というタグを使って募集告知したりする。 なんだかホームページの相互リンクみたいなシステムである。(相互フォローなんていう呼び名もある)
普通に生活していたら話す機会が持てないような著名人に 「@+ID」 で気軽に話しかけることが出来るのもツイッターの良い点。しかも、僕達一般人からの質問に(ホント大変そうだけど)マメに返答してくれる政治家・著名人が結構多かったりするのだ。(掲示板やチャットとは違うから、著名人ツイッターがブログのコメント欄のように“荒らされる”心配もあまりない)



…しかしあれだな。
この人の発言をフォローしたい!という著名人があまりいない (ボソッ)
 

posted by もときち at 12:10 | INTERNET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。