2009年10月02日

仕事するのにオフィスはいらない


仕事するのにオフィスはいらない (光文社新書) [新書] / 佐々木 俊尚 (著); 光文社 (刊)
かつて、サラリーマンが「社畜」と呼ばれていた時代があった。会社に人生を捧げ、自由を奪われた奴隷的な存在。毎朝、眠たい目をこすり、満員電車にゆられて出勤する退屈な日常。ところが、昨今の不景気に相俟って、非正規社員やフリーターがクローズアップされ、現在においてはその退屈な日常を手に入れること(正社員になること)こそが、理想の人生になってしまった。
企業の正社員は、人生のリスクを会社という一点に集中させている点で危うい。しかし、その中でも金融業、あるいはITベンチャーなど高度な専門性を持つ人間は、自分の能力が「正社員の賃金制度に収まりきらない」ことを熟知しているため、自ら契約社員や嘱託といった非正規雇用の道を選び、彼らは複数社の名刺のもとリスクを分散している。いまや、歴史ある大企業が倒産しても誰も驚かなくなった。会社という他人の船に乗っていては、他人の船とともに沈んでいくだけなのだ。

 
いまだに「会社員は会社にいてナンボ」と言ってはばからない管理職は、どの企業にもいます。彼らは、「社員を監視することこそが自分の業務」と変な勘違いをしていて、自分達の目の届かないところに部下が行ってしまうことを極度に恐れているのです。
ノマドワークスタイルには、会社の上司や同僚の「目」はありません。
だから仕事をさぼって「2ちゃんねる」を読んだり、友達のミクシィ日記をのぞいたりしていても、誰にも怒られません。ヘッドフォンしてユーチューブを見始めると、すっかり夢中になって、仕事はどこかへ行ってしまって…ということになってしまいます。
だから自分のアテンションをどうやってコントロールし、注意が散漫になってしまわないよう仕事に集中できる気持ちを作り出せるかどうかが、実は最も重要な課題なのです。<本書>

 
インターネットのおかげで、労働時間や勤務場所といった縛りは薄れ、我々は流動的な仕事が出来るようになった。こうなると、優秀なクリエイターを職場に1日中縛りつけ、能力の違う仲間達と同調させるよりも、彼を縛る鎖を解き放ち、その能力を十分に発揮させたほうが、社会のためにも彼自身のためにもなる。
21世紀のビジネススタイルは、能力のある/専門性の高い人間が、自分自身をITにより武装化し、ノマド(遊牧民)、すなわちフリーエージェントとして活躍する時代になるだろう。
 
 
いくつものベンチャー企業を経験してきた彼は、個人と組織は対等な関係だと考えています。その考えは、まだ20代の会社員だったころも、執行役員になってからも変わりませんでした。「いつでも会社を辞めてやるよ」と思っていて、でも会社から「辞めないでほしい」と考えられているような会社員、そんな会社員であるべきだと、新野さんはずっと考えてきたのです。これはまさにノマドワークスタイルそのものと言ってよいでしょう。
とはいえ、そうなるためには自分自身の能力を磨かなければなりません。いつフリーになっても大丈夫という裏付けがなければ、社員と組織の関係は対等にはなっていきません。<同>

 
自分の購入した洋服やコスメなどを YOU TUBE で紹介する商売をしているブレア・ファウラーさんは、まだ16歳の女性である。商品を魅力的に紹介できるプレゼン能力さえあれば、普通の女子高生が彼女のように一躍有名人になることも夢ではない。
「IT」はクリエイターを拘束する「会社」という鎖を断ち切る武器なのだ。
 
 
posted by もときち at 19:38 | INTERNET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。