2009年07月12日

クラシック音楽の話


ショパン:12の練習曲 作品10/作品25 / ポリーニ(マウリツィオ) (演奏); ショパン (作曲) (CD - 2008)
村上春樹の長編「1Q84」が5月29日の全国発売以来100万部を突破したらしい。 村上春樹は自身が最も意識していた三島由紀夫(45歳没)の最後の長編「豊饒の海」を想定して「ねじまき鳥クロニクル」を書いたが、今回の「1Q84」は村上春樹が長編作家として生涯目標に据えていたドストエフスキー(60歳没)の傑作「カラマーゾフの兄弟」を想定して書かれている。つまり本作は今までの村上作品のなかでも最長になるということで、もちろん全2巻で完結するような話ではない。


しかし「1Q84」はそのような作者の思い入れに反して傑作とは言い難い内容である。僕なんかは一読者として「ねじまき鳥クロニクル」以降の村上作品は、どうも同じところをグルグル回っているような印象を受けてしまうんだな (まあ相変わらずスラスラ読めて面白いんだけど)

ところで、村上春樹の「1Q84」効果で作中で紹介されたヤナーチェクのシンフォニエッタまで売れに売れているという (オーウェルの1984が売れているという話はあまり聞かない)
ヤナーチェクはクラシック音楽愛好家の間ではわりと有名な作曲家で、シンフォニエッタの他にも「イェヌーファ」や「利口な女狐の物語」といった代表作が数多くある。ちなみに個人的に一番好きなヤナーチェク作品は「クロイツェル・ソナタ:ハーゲン弦楽四重奏団」である。クロイツェル・ソナタは、不倫した妻を嫉妬のために殺す男というドロドロした内容の文学作品(トルストイ)だが、ヤナーチェクの弦楽四重奏曲ではトルストイの小説に渦巻く嫉妬の感情がじつにうまく表現されている。

今どきクラシック音楽を聴いている人なんて前世紀の遺物みたいに思われてしまうかもしれないけれど、何かのきっかけで今まで人々があまり興味をもたなかった文化が急に注目されることは結構ある。
クラシック音楽に関して言うと、最近ではピアニストの辻井伸行さんが脚光を浴びた。ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールに日本人として初優勝し、マスコミにも一斉に取り上げられて、デビュー作がシンフォニエッタよろしくすごい勢いで売れているそうだ。ただ「ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール」というのが、そこまで権威あるコンクールなのかは疑問だし、マウリツィオ・ポリーニやクリスティアン・ツィメルマンといった世界的ピアニストを生んだ「ショパン国際ピアノコンクール」に比べると、やっぱりどうしても見劣りしてしまう。辻井伸行の演奏に関しても「彼の将来に期待します」というのが、現段階においては最も妥当な評価ではないだろうか。ちなみにクリスティアン・ツィメルマンは小澤征爾指揮のもと「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番」で素晴らしい作品を残しているので、辻井伸行の「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番」と聴き比べてみるのも面白いだろう。

クラシック音楽も、結局は個人の好みである。作曲家の好みもあれば、演奏者の好みもある。僕なんかはラフマニノフといったらクリスティアン・ツィメルマンのピアノ協奏曲第2番ばかり聴いていたせいもあり、はっきり言ってそれ以外の演奏はあまり知らない。マウリツィオ・ポリーニも僕が好きなピアニストで、ショパンのエチュードといったらアシュケナージを差し置いてポリーニの完璧な演奏だけが頭にこびりついている。

 
posted by もときち at 21:12 | ENTERTAINMENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。