2009年06月10日

脱・恋愛市場

2008年9月、アメリカの女子大生ナタリー・ディランさんは、自身の「処女」をオークションに出品したことで一躍有名になった。オークションサイトで、ナタリー・ディランの写真付き画像が貼り出されると、世界中の男性から入札オファーが殺到し、2009年には入札額が3億円にまで高騰したという。彼女の言い分はこうだ。「私たちが今いるのは資本主義社会でしょう。自分の処女を商売道具に利用して何が悪いのかしら。」
彼女の主張は最もであり、我々は物事の本質を見逃してはならない。日本という国も、いま資本主義社会の真っ只中にあり、恋愛も性も、すべては商品化されているということを。
 
世界中のあらゆる国で、日本ほど「恋愛のコンテンツ」が発達した国はないと思う。いまや、世界のアダルトビデオ業界で共通語になってしまった「BUKKAKE(ぶっかけ)」ものや「GOKKUN(ごっくん)」もの。さらに日本発エロアニメには「HENTAI」という呼称が与えられ、需要の多さは言うまでもない。カナダのストリップ劇場では、ストリッパーが秋葉原の「メイド服」を着用して登場する始末だ。
しかし、異常に発達した「嗜好」に相反して、日本人ほどシャイな民族も他にいないという。確かに、日本人はここまで恋愛やセックスに関心を寄せるのに、挨拶代わりに身体的接触をする欧米などと違って、友人同士でハグもしなければキスもしない。それどころか、軽く肩にポンと手を触れようものなら、「セクハラだ」と喚かれ、裁判沙汰になりかねない。
これは、自己防衛本能というより、彼女たちが自身の肉体を「神聖な商売道具」と認識しているためかもしれない。肩に触れるのはもちろん、ハグも、キスも、無料で提供するなど言語道断というわけだ。
 
このように、恋愛やセックスに資本を投資する世界を「恋愛市場」と呼ぶ。恋愛市場は「異性にモテるため」のすべての消費活動である。化粧品、ファッションもそうだし、美容・ダイエットや結婚相談所…、数えればきりがないほど、恋愛市場は現代社会において拡がりを見せている。
ところが、最近そのマーケットから「撤退」していく男性層が現れ始めたという。いわゆる「草食系男子」あるいは「秋葉系オタク」などとカテゴライズされた男性である。恋愛市場はそのような傾向(顧客離れ)に危機感を抱いて、「どうすれば草食系男子を振り向かせるか」だとか「セックスしたがらない男性をその気にさせる方法」といった特集をあらゆるメディアで展開していくことになる。男性が恋愛をしなくなってしまったら、女性達がコスメ、ファッション、ブランド品で自らを武装化する理由がなくなってしまうからだ。
 
女性達は自分の肉体を「商品」であると、本能的にわかっている。アメリカの女子大生が言及したように、恋愛とは経済活動であり、自分の若い肉体は消費期限のある商品である。だからこそ、自分自身が恋愛市場における「人気商品」であるために、自らをパッケージングして、積極的に売り出していこうという認識だ。
そんな女性の健気(?)な努力に反して、草食系男子は「俺はもう疲れたから、そんなものに大切なお金を消費したくない」と、市場から撤退した連中である。だからこそ、彼らは女性からの反感を買っているのだ。女性達に「肉食系男子と草食系男子のどちらが好き?」というアンケートをとると、圧倒的に「肉食系」に人気が集まるのは、女性達にとって、肉食系男子は自分を購入してくれる優良顧客だからである。
 
恋愛市場においては、男性は女性を喜ばせるために消費活動を行わなければならない。草食系男子は、そのような消費活動を拒否する。さらに「秋葉系オタク」のように進化すると、「商品化された生身の女性」ではなく「アニメ」や「ゲーム」といった自分自身の趣味のために積極的に消費活動を行う。つまり、秋葉系オタクは、恋愛市場という既存のビジネスモデルを破壊しかねない「イノベーター」であり、恋愛業界にとっては天敵と言える存在なのだ。恋愛業界が、自身の利益にならない男性層を徹底的に糾弾することは、ある意味で道理にかなっている。
だが、ここで明記しておきたいのは、恋愛市場にいる人間が「草食系」や「秋葉系」を見下しているように、恋愛市場から撤退していった彼らも、「君達、いつまでそんな無駄なことに金かけてるの?」と、市場に翻弄される者を見下しているということだ。
「あの秋葉系オタクに、恋愛を謳歌している私たちが見下されている?…そんなバカな。」
まあ、これは極論だけれど、少なくともコンビニに並んでいる女性雑誌、グラビアアイドルの表紙を見て「魅力的だな」と感じる人もいれば、「気持ち悪い」と、生理的嫌悪感を感じてしまう人間もいるのである。
 
 
posted by もときち at 15:01 | THINKING | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。