2009年05月21日

テレビとインターネット

インターネットはコンピュータ同士をつなげるものであり、それらは国籍を問わず、国境の概念がない。さらにテレビなど従来のメディアが一方通行であったのに対し、インターネットは双方向(インタラクティブ)である。これにより広告主の意識が変わり、大手テレビ局各社の広告収益は激減。テレビというビジネスモデルはいよいよ終焉を迎えた、これからはインターネットの時代だと、一部の識者たちは口を揃えて言う。
そんなわけで、テレビの終焉を告げるとき「テレビ対インターネット」という構図がしばしば持ち出されるのだけれど、そもそもこの2つのメディアって、ホントに比較できるものなのか?
広告の費用対効果として、ブログの「アクセス数」とテレビ番組の「視聴率」を比較してみせるのもおかしな話だし、ネット広告費がテレビ広告費を上回ったというそれだけで、テレビよりもインターネットの方がメディアとして優れているなんて言説は成り立たないような気がする。
 
テレビとインターネットは全く異質なメディアだ。前者には所有者がいるけれど、後者には所有者がいない。
インターネットは、自宅にパソコンさえあれば誰もが参加できる「参加自由型メディア」だけれど、テレビはメディアの所有者(テレビ局やCM制作会社)が容認した者にしか参加を許さない「入場制限型メディア」である。
テレビ局は放送枠という「スペース」を所有することができる。なぜスペースを所有することが出来るかというと、スペースが「24時間=有限」だからである。これにより、テレビ局は「スペース」に相応しい個人・法人を彼らの意思で “選択” して出演させる政治権力を持つ。
一方で、インターネットにはスペースという概念がない。いや、スペースが「無限」に存在するのだ。だから、誰もそれを所有することが出来ないし、本来なら参加してはいけないような無法者にも、入場制限をかけることができない。
 
インターネットは、個人の自己顕示欲を一番手っ取り早く実現してくれるメディアである。才能の有無に関わらず、誰もが勝手に「名前を売る」ことが許されている。新しい服を買ったことをブログで報告し、ちょっと気に食わないヤツがいれば中傷し、いかに自分が有能で価値のある人間かということを周囲に認知させることが出来る。
テレビやラジオ、出版業界といった入場制限型メディアは、そのような無法状態を許さない。ある意味でそれらは「法」によって管理された世界である。そして、僕たち消費者もその「法」を無意識のうちに信奉している。テレビなどの入場制限型メディアへ参加する個人・法人は、「法の番人」から認められ、放送枠という有限のスペースを取得した存在なのだ。
 
ネットアイドルは、どんなに売れても「ネットアイドル」のままだ。
しかし、ひとたび彼女が 「いま、売れに売れてるネットアイドル!」 なんていう特集でテレビに登場すると、僕達は彼女がなにか神の護符を賜った“特別な人間”であるかのように錯覚してしまう。
 
 
posted by もときち at 13:54 | INTERNET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。