2009年05月02日

知的虚栄心としての本

我々は知識を身につけると、至るところでそれをひけらかし“自分より下の人間”を見下すことに快感を覚えるようになってしまう。私はこれを理解でき、他人には理解できない。だから他人は私よりも劣っている存在だ。彼らは「知的な私」と「無知な他者」の間に境界線をひき「俺はお前らのような馬鹿とは違うんだぞ」という自己優位性を主張をするようになる。
このような独善に陥らないためには、自分自身を否定する視点が必要不可欠である。あるアメリカの作家は「第一級の知性とは2つの相反する性質を同時に機能させていくことだ」と書いたが、ようするに、自分の愚かさを他人から指摘される前に、自分自身で発見できる知性が健全だということ。
もちろん、「他人の知らないことを知っている」ということが、ある種のステータスになっているのは確かであり、そして、それらのステータスを手軽に構築する方法が「本」である。
 
本は人間の内面を映し出す。本との付き合いは、まるで人と人との付き合いのようであり、当然そこには「好き嫌い」もある。多くの人から支持を集める本、限られた人しか付き合うことのできない本、女性にしか理解できない本もあれば、戦争を経験した世代にしか理解できない本もある。
誰でも一度くらいは「どういう本が好きなの?」といった質問をされた経験があると思う。
そんな時、たとえばあなたが会社の面接で“そこそこ仕事の出来る女性”だというアピールをしたい時は「私は勝間和代を読んでいます」と言えばいいし、まわりの若者とは一味違った嗜好をアピールをしたいのなら「僕の好きな作家はニーチェ、バタイユです」と言えばいい。
逆に「僕の愛読書は三毛猫ホームズです」なんて発言をするのは「僕は読書をしたことがありません」と、自ら宣言するようなものである。まあ、それはそれで相手を油断させることが出来てお得かもしれないけれど…。(それで面接に落ちたら本末転倒ですね)
 
不思議なのは、何百万円もするブランド品を身につけた、外見的虚栄心の旺盛な人に限って、その内面を象徴する本や音楽については、まったくの無防備、すっぴん状態だったりするという現象である。
そのような人達に「あなたの好きな本は何ですか?」と聞くと「ハリポタ」とか「セカチュー」といった答えが返ってきてしまう。恥じるところが少しもないような、まっすぐな眼差しで。
別格であること、自分が一般より高い水準であることに愉悦を感じる彼らが、なぜ本や音楽に関しては「みんなと同じ」であることに満足しているのだろう。
 
もちろんそれは悪いことではないし、それこそ冒頭に掲げたように、難解な哲学書を読むことが人間的に優れているということではない。読書が人と人との付き合いであるなら、結局のところ、それぞれ好きな本を読めばいいという一言につきるだろう。しかし、それでも世の中には、内的虚栄心の無防備な“大衆”を見下している「知識の人」が大勢いるのだ。お茶の間の良心を気取っている評論家も、腹の底では“自分が無知な大衆よりも上の存在”だと思っているのだから。
 
 
posted by もときち at 18:26 | BOOK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。