2009年05月07日

限定された空間の偏見

僕は昨日「これはAだ」という発言をした。しかし、今日になって僕は「これはBだ」と訂正をした。
…さて、あなたはどちらを僕の発言とすべきだろう?
実は、どちらも僕の発言ではない。なぜなら明日になれば僕は「やはりこれはCだ」と発言して、過去の2つの発言は「否定されたもの」として排除されてしまうからだ。昨日の僕、今日の僕、明日の僕、つまり「僕達」であり、僕が何か発言するときは常に「僕以外の僕」という他者とともに発言している。
そこで「あなたが最後にした発言こそがあなたの発言ですよ」というのなら、上記の例からも分かるとおり、僕の最後の発言は“まだされていない”のであり、このように、時間的に新しいものが古いもの全てを支配するという考えは、弁証法的な物事の捉え方で、その対極に位置するのが「構造主義」の思想である。
 
哲学史という地平に後戻り出来ない断層を刻み込んだ構造主義の思想。構造主義を一般的に広めたとされる人類学者クロード・レヴィ=ストロースは、歴史を持たない多くの民族集団(未開人)と我々(文明人)を対比させ、人類はみな固有の歴史的状況に投げ込まれていると主張した。
レヴィ=ストロースの仕事は、人間というものを理解するためには、西洋と呼ばれるたった1つの社会だけを考察するのでは不十分という前提からスタートする。そこで、文明社会を捨てて未開の地へおもむいたレヴィ=ストロースが見たものは、文明社会がいかに自己中心的で、野蛮に世界を観察していたかということだった。
 
たとえばある文明社会の学者は、未開社会の原住民を 「発育不全の畸形」 とみなすような認識を持っていた。ようするに、いまだ原始時代のような生活をしている未開人よりも、機械を扱い自由な場所へ移動することが出来る文明人の方が「人間的に優れている」のだ、ということだ。
ここに「歴史」という一本の線が存在する。その線は「過去」から「現在」へとまっすぐに伸びている。我々文明人が立っているのは直線の一番左端、現在という地点だ。それでは未開人が立っているのはどの辺りだろう。線上のかなり右端あたりじゃないだろうか。歴史の年表を紐解けば、たしか原始時代は線上の右端っこの方にあったはずだ。
我々文明人は未開人のような歴史的段階(原始時代)をすでに超えていて、普遍的な進歩の末に、現在のような文明社会を築いたのだ。だから、我々にとって未開社会は「過去の自分」のような存在であり、見下すべき対象だったというのである。
しかし、レヴィ=ストロースはこのような文明社会中心の視点を激しく批判する。
 
未開社会は原始時代ではない。未開社会とは、原始から発展し、ある歴史的段階で国家になることを拒否した共同体なのだ。我々文明人は、新しい発明や歴史的変化が、より良い暮らし、より良い未来につながるとわかれば、それらを歓迎して自らの社会に取り込むだろう。しかし、未開社会は新しい発明や歴史的変化を出来る限り“無化”して、今の状態を際限なく続けていこうという「発展の歴史」を否定した社会構造を持っている。
ともすれば、未開社会の歴史の先には、本当に「我々のような文明の歴史」が待ち構えているのだろうか。文明人と未開人は、本当に「歴史の同一線上」にいるのだろうか。そんな疑問が生まれてくるはずだ。
 
未開社会が、文明社会のかつて辿ったコースを単に追いかけることが出来るというのは誤った歴史観である。未開社会には産業革命も、世界大戦も、テレビも、自動車も、携帯電話も存在しないし、これからも存在しない。
宇宙開発だとか、最先端医療だとか、そんなことに熱心になって時間を費やしている文明人のほうが愚かなのかもしれない。文明人が未開社会を見下しているように、あるいは未開人も文明社会を見下しているかもしれないのだ。未開人は未開人の価値観によって社会を構築してきたのだし、だから彼らには彼らだけの「地球史」があると言えなくもない。
文明社会が発展を善とする一方、未開社会は発展を悪とするなら、人間のあらゆる価値判断は決して普遍性を持ち得ないということではないか。
 
現代の若者は、大人達にとって理解不能だとよく言われる。電車内で化粧をする女子高生、階段やコンビニで座り込む男子学生。若者と大人とでは、風俗・文化だけでなく、常識(マナー)などの分野でも大きなギャップを持つようになった。
しかし、今現在の若者達が行っている理解不能な行動も、20年後の人類から見れば当たり前の習慣になっているかもしれない。今現在の大人達が常識としている規範も、100年後の人類から見れば異常なこととして見下される対象になるかもしれないのだ。我々が「正しい、間違っている」と判断しているあらゆる価値観は、我々の住む国、我々の住む時代といった「限定された空間の偏見」にすぎないのである。
人間は自ら思考して行動した結果、今のような社会をつくったと考えているが、実はそうではなくて、人間は生まれた時点からある社会構造に投げ込まれた囚人であり、一度その社会構造に投げ込まれると、その空間で常識とされる“偏見”があなたに浸透し、もはや曇りない目で世界を見るということは不可能になってしまうのだ。
 
 
posted by もときち at 16:27 | IDEA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。