2012年03月01日

Facebook入門

なにげに『 Facebook 』が面白い。もう知らない人なんていないだろうけれど、一応説明しておくか。『Facebook』は、人同士の交流をサポートしてくれるコミュニティサイトのことで、いわゆる『SNS』というものだ。日本でも『mixi』やら『モバゲー』など、似たようなサービスはいくつかあるが、Facebookは実名を公開したうえで、交流することを原則としているので、日本発のSNSと比べると、よりリアル=現実生活に接近したサービスといえなくもない。
実名が公開されるわけだから、友人や同僚との交流に便利なことはもちろん、学生時代の同級生、以前勤めていた勤務先などの人とも再会できる。実際に、僕も中学・高校時代の同級生数名と再会できた…。
確かに「実名公開」というとプライバシーに関して不安を覚える人もいるだろうけれど、友人以外に自分のページを公開しないよう設定することもできるので、そのへんはどうとでもなるだろう。以下が、Facebookでできることの概要である。
 
 
・ 本名や学歴などから自分の友人を見つけて交流することができる。
・ ツイッター感覚で、気軽に自分の近況やつぶやきを投稿することができる。
・ 投稿した内容に対して、友人が 『 いいね!』とコメントをくれる。
・ 自分だけの写真&動画アルバムを作ることができる(友人に見せることもできる)
・ ブログのように長文(論文的なもの)もノート機能で投稿することができる。
・ メールやチャットなどで個人的なやりとりもできる。

 
こんなところかな。
極端にいうと、ツイッターやブログやWEBアルバムなど、最近流行の情報発信ツールの“いいとこどり”をしたサービスみたいなもんだ。ぶっちゃけ『Facebook』があれば、ツイッターやブログなんざ、お払い箱になるんじゃないか?とすら思える。
実は、僕自身は数年前にFacebookのアカウントだけは登録しておいたのだが、いまいち面白さがわからなくて、今までずっと放置していた。で、最近になって友人に勧められて再起動したわけだが、昔の同級生などとも再会できたりと、なんとなくだけど、面白さがわかってきた。

しかし、問題点もある。 僕自身は、いったい何を投稿していいかわからない。
たとえば、このブログみたいに、長文で哲学の記事やら経済の記事を投稿したところで、なにかうすら寒いような気がする。だから、僕はFacebookでそういった堅苦しい話をするのは控えている。堅苦しい輩は、Facebookの世界においては 『ウザイね!』なのだ。
多くのユーザーは、今日食べた料理、今日読んだ本、旅の思い出など、自分の近況を投稿していくのだけれど…、たぶんそれが適した使い方なんだと思う。他人が食べた料理に対して『それ、いいね!』とコメントするのは、本心だから。
ともあれ、とくに投稿する話題も持たぬ僕は、Facebookで外国人の友達とチャットばかりしている。これがなかなか英語の勉強になるのだが…、間違った使い方か?
 
 
posted by もときち at 14:12 | INTERNET | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。